税込¥11,000以上ご購入で送料無料/ 価格はすべて税込み表記に変更しました。

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)の歴史

今回は、RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)の歴史を紹介していきたいと思います。
ブランドの誕生から、消滅、そして復刻に至るまでのストーリーです。

RockyMountainFeatherbed ロッキーマウンテン

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)の誕生

 RockyMountainFeatherbedは1960年代にアメリカ・ワイオミング州の北西部のJackson hole(ジャクソンホール)という場所で誕生しました。
ここはアメリカ屈指のスキーリゾートとしても知られ、イエローストーン国立公園や、グランドティトン国立公園の玄関口となっていることもあり、世界的にも有名な観光地となっております。

usa map rockymountainwyoming州はアメリカ合衆国西部の山岳地域にあります。

wyoming rockymountainwyoming州の旗

 またブランドの名前の通り、この辺りはロッキー山脈がまたがる地域です。このロッキー山脈はとても広大で、その距離はカナダのブリティッシュコロンビア州の最北部から、アメリカのニューメキシコ州のサンタフェ付近まで続いており、全長4800km。日本の全長がおおよそ3000kmほどなので、それよりもはるかに長い山脈です。

創業者について

 創業者はCUB SCHAFFER(カブ・シェーファー)氏。氏はワイオミング州でNASAが主催するNOLS(National
Outdoor Leadership School)を卒業しました。NOLSは、山岳地域での活動におけるテクニックに焦点を置いた学校で
、宇宙飛行士もこのNOLSの訓練を受ける事で有名です。その訓練は冬山等のストレスのかかる環境で、重い荷物を自ら背負い雪崩や遭難の危険な状況が迫る中、毎日リーダーを交替しながら、目的地に移動していく訓練で、危険が迫る状況下での判断力やリーダーシップを磨いていくとてもハードなものです。

 そんなアウトドアのスペシャリストを輩出する学校を卒業した後、CUB SCHAFFER氏はモノづくりを始めます。
 自身の得意とするアウトドアの要素(ナイロンやダウン)と趣味である乗馬(ウェスタンヨークやレザー)、この二つを融合させ独自の目線で考えられたダウンウェアがRockyMountainFeatherbedです。

rockymountainロッキーマウンテンです。

ブランドの飛躍から消滅まで

 CUB SCHAFFER氏がモノづくりを始めたのは1960年代後半頃で、今日でも定番となっているDOWNVEST等を売り出していきます。
 1974年には当時最新のハイテク素材であったGORE TEX®をいち早く採用し、マウンテンパーカーを作るなど、商品展開を広げていきます。

 この頃世界へも販売を始めており、日本では登山系のスポーツショップなどに、さらにフランスでは当店でも取り扱いのあるAnatomicaの前身ショップであるGLOBEでも販売をしていました。

 しかし、1980年代後半にはブランドは消滅。
市場からロッキーマウンテンは消えてしまいました。

rockymountain storyGLOBEの当時のポスター。若き日のピエール氏が着用しているのは、ロッキーマウンテンのGORETEXのマウンテンパーカー。

 

ブランドの実名復刻

 そこから時を経て、2005年に再びRockyMountainFeatherbedが復活します。
復活させたのは私の前職場でもある35SUMMERS。代表の寺本氏は20代の頃からロッキーマウンテンを集め始め、現在では100ピース以上を所有し、その膨大な資料を参考に生地や付属、ディティールを研究し、見事に実名復刻を果たしました。同時に商標も獲得しているので、世界的にもRockyMountainFeatherbedは同社のブランドとなりました。

 2020年現在では、日本だけでなく発祥の地アメリカや、ほか世界の10以上の国々で幅広く展開しており、世界が認めるダウンウエアブランドへとなりました。また、ダウンブランドとしても成長を遂げ、従来のアウターウェアのみならず、超軽量のインナーダウンや、そのほか様々なアイテムが誕生しております。

 以上、今回はロッキーマウンテンフェザーベッドの歴史と遍歴をお伝えしました。

RockyMountainFeatherbedの商品一覧はこちら。