【BIG YANK】1935 WORK SHIRT CHAMBRAY - A'r139 Kamakura
【ビッグヤンク】1935 ワークシャツ シャンブレー - アール鎌倉
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【BIG YANK】1935 WORK SHIRT CHAMBRAY - A'r139 Kamakura
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 【ビッグヤンク】1935 ワークシャツ シャンブレー - アール鎌倉

1935 WORK SHIRT CHAMBRAY

販売元
BIG YANK
通常価格
¥23,100
販売価格
¥23,100
通常価格
SOLD OUT
UNIT PRICE
あたり 
税込

BRAND : BIG YANK(ビッグヤンク)

SIZE : 15 / 15H / 16

COLOR : Blue


ORIGIN : Made in Japan

MATERIAL : 100%Cotton

BIGYANK(ビッグヤンク)の定番シャンブレーシャツ、1935年モデル。こちらは1935年にシガレットポケットとして商標登録された、通称ガチャポケがつくデザインのタイプです。

1935年モデルはBIGYANK(ビッグヤンク)の面白いディティールを体感できることから、大変人気がある一品です。

まずはガチャポケと呼ばれる胸ポケット。こちらはポケットに収めたタバコを汗や湿気から守る為に、ポケット下部と身生地の隙間に空間が設けられています。この機能は当時の紙タバコが湿りにくいと評判を呼び、商標を獲得するまでに至ったディティールです。

続いてストームカフス。機械に袖が引っ掛かりにくい剣ボロの無い仕様のカフスです。このカフスのディティールにより、ボタンを閉めた際にでも腕周りにゆとりができ、動きやすいといった機能もあります。

また背面のヨークはストレインプルーフヨークと呼ばれ、背中への負荷を逃がすように山なりにゆるやかなカーブを描くヨークの形になっています。

生地についても、古いBIGYANK(ビッグヤンク)のシャンブレーを研究し、オリジナルで開発した国産のシャンブレーです。綿100%で、着こんでいくとまるでヴィンテージのような経年変化をしていきます。こちらは通称ベタシャンと呼ばれる、縦横の双方にインディゴ糸を使用することで、綺麗なインディゴブルー色に仕上がっています。

ボタンは、ガチャポケ部分にはBIGYANK(ビッグヤンク)の刻印が入るメタルボタン、その他にはBIGYANK(ビッグヤンク)の親会社リライアンスマニュファクチュアリングのトレードマークである菱形があしらわれた樹脂系のボタンが採用されています。

縫製面も当時の仕様を忠実に復刻し、ヴィンテージと見間違えるクオリティに仕上がっております。

 ⚠注意事項

■掲載商品の画像に関して、ご覧になっているブラウザやパソコン等の閲覧環境により実物と多少異なる場合がございます。予めご了承下さい。
■About the product
The product in the image is a sample.Actual product and color, specifications, processing, size, material, etc. may be slightly different.

 商品に関するお問い合わせは、こちらからお気軽にご相談下さい。