税込¥11,000以上ご購入で送料無料/ 価格はすべて税込み表記に変更しました。

ダウン製品のお手入れ・修理について

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)のダウンウェアは、毎日でも着れるタフさがありますが、適切なケアを行っていただくことで、永く着用いただけます。経年変化を楽しんでいただくためにも、日々のお手入れをぜひ参考にしてみてください。

●ご使用後の手入れ

まず簡単に始められることは、着用後にハンガーで吊ることです。
ダウンの膨らみを維持するため、シーズン中は収納ケース等に入れるのではなく常に吊るようにしていただくと良いかと思います。
また、風通しの良い場所で、直射日光が当たらないように保管していただくと生地へのダメージも起きにくいです。

In order to preserve the thermal insulation capacity, please keep your down garment on a coat hanger or equivalent so as not to lose the loft (fluffiness) of the down. When the loft is properly preserved, the down can effectively trap the warm air to be the better insulator. Store in the well-ventilated place. Also, avoid the direct sunlight in order to minimize the damage to the fabric.

CLASSIC TAFETTA

●ダウンが飛び出してきた時の処理

RockyMountainFeatherbed(ロッキーマウンテンフェザーベッド)のダウンウェアは、オリジナルの超高密度ナイロンを使用している為、生地の織り目からの羽毛の飛び出しは少ないですが、構造上まれに羽毛が飛び出す場合があります。また縫い目からの飛び出しは避けれないので、羽毛が出た場合の対処法をお知らせいたします。

生地の織り目から出る場合は、出ている箇所の生地の裏側から羽毛をつまんで、ウェア内に引き戻してください。羽毛が出ていた箇所を軽く揉むことで抜けた跡が消えます。中にダウンを戻し入れ、馴染ませるイメージです。無理に外に引っ張って抜かないようにしてください。

縫い目から出る場合は、テープ等で貼って剥がすことで除去できます。 

The down may come through the texture of the fabric or the seamline in rare occasions. In case the down comes through the seamline, please remove the protrusion with a packing tape. In case it comes through the texture, pinch the protrusion from the opposite side and pull back inside. Once the protrusion is gone, gently rub the fabric to ease off the trace hole.

 CLASSIC TAFETTA

●レザーヨークのクリーニングについて

品質表示に記載通り、革衣類専門クリーニング業者へ依頼することを推奨しています。通常のクリーニング店が専門店へ取次ぎしている場合もありますので、お近くのクリーニング店にご確認ください。また、インターネットからクリーニング依頼できる専門店もあります。下記はインターネットから相談・見積もりが可能です。

As the care label shows, garments with the leather yoke cannot be laundered. We recommend you to bring them to professional cleaners who can handle leather items.

株式会社 小羽皮革 (http://www.kobahikaku.co.jp/

●ナイロンのお手入れ

ナイロン部分が汚れてしまった時の対処についてです。
石鹸や中性洗剤を水に溶かし、その液を柔らかいスポンジやブラシに含ませて磨く様に汚れを拭き取ります。その後、洗剤のついた部分のみを水でよく濯いで下さい。

Dissolve soap or neutral detergent in water, soak a soft sponge or a brush with the liquid to wipe off the soil in a polishing action. Then, rinse the soaped part well with water. Do NOT wet any other parts.

LEATHER

●レザーのお手入れ

革ヨークにホコリや汚れが付くことがあります。その時はブラッシングまたは乾拭きして、汚れを落とします。強い汚れやシミなどがある場合は、皮革用クリーナーを柔らかい布に少量取り、汚れを拭き取ってください。日々のメンテナンスでは、保革用オイルやクリームを柔らかい布に少量取り、薄く全体に均等に延ばすように塗ります。油分が浸透するまでハンガーに吊るすなどして保管します。 ※皮革用クリーナーや保革用オイルやクリームは、必ず目立ちにくい場所で試し塗りを行ってから利用する様にして下さい。

rush or wipe with a dry cloth to remove any dust or soil from the leather yoke. For stubborn stains or smudges, take a small amount of the leather cleaner on a soft cloth and wipe off. As a daily maintenance, use a soft cloth and spread a small amount of leather conditioner cream or oil evenly to form a thin veil. Leave the conditioned garment on a coat hanger or equivalent until the oil penetrates into the leather. ※Test the leather cleaner or the leather conditioning cream/oil on a hidden area for color fastness before using globally.

LEATHER

●ムートンのお手入れ

首周りに直接あたる部分なので、汚れが気になる方も多いと思います。
軽くたたいてホコリや汚れを落としていただくか、強い汚れの場合は石鹸や中性洗剤を水に溶かし、それを柔らかいスポンジや布に含ませて軽くたたく様にして汚れを拭き取ってください。

Pat gently to shake off the dust and soil. For stubborn stains, dissolve soap or neutral detergent in water, soak a soft sponge or a piece of cloth with the liquid and tap gently to remove.

LEATHER

●修理について

よくある修理内容が何かに引っ掛けたり、タバコなどの火がナイロン部分に当たってしまい、穴が開いたという内容です。この場合は、同じナイロン素材を上から貼り付けて穴を防ぎます。同素材で上からふさぐので、目立ちにくい修理が可能です。しかし大きな穴や、程度によっては修理が難しい場合もありますので、一度ご相談くださいませ。

修理料金の詳細は、RockyMountainFeatherbedの修理ページにてご確認ください。
http://rocky-mountain-featherbed.com/maintenance.html